京つう

  日記/くらし/一般  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by 京つう運営事務局 at

2009年08月20日

ユタカ電機のUPS


ユタカ電機製作所製 UPSmini500II
小型、電池期待寿命7年、Linuxでシャットダウン可能など良い。もう少し評価して当社の標準UPSにしたい。
あえて上げる難点。
入手に日数がかかる。ほとんどの販売店はメーカ取り寄せ。
シャットダウンの信号ケーブルはシリアルしかない。



バックアップコンセントは3つ。APCの様にサージのみのコンセントはない。
シャットダウンソフトウエア設定方法
http://www.yutakadenki.jp/support/downloadfile/linux/f_linux.htm
Debianでの起動、停止
以下をusvdのファイル名で保存し、
sudo cp usvd /etc/init.d/
sudo chmod +x /etc/init.d/usvd
sudo update-rc.d usvd defaults
----------
#! /bin/sh
case "$1" in
start)
#ADD support for the UPS
echo "Starting usvd daemon...!"
if [ -x /sbin/usvd ]; then
if [ ! -L /dev/usv ]; then
ln -s /dev/ttyS0 /dev/usv
fi
/sbin/usvd
fi
;;
stop)
# KILL Power of UPS
if [ -x /sbin/usv_off ]; then
/sbin/usv_off
echo "Killing Power of UPS....!"
if [ -L /dev/usv ]; then
rm /dev/usv
fi
fi
;;
*)
echo "Usage: $N {start|stop}" >&2
exit 1
;;
esac
exit 0



ちゃんど動作します。
Broadcast Message from root@orca1
(/dev/pts/1) at 9:23 ...

power is failing... please log out as soon as you can



Broadcast message from root@orca1 (Thu Aug 20 09:23:09 2009):

The system is going DOWN for system halt in 5 minutes!

Shutdown cancelled.

Broadcast Message from root@orca1
(/dev/pts/1) at 9:23 ...

power is back... you can continue

  
Posted by tsukasa at 10:56Comments(0)Linux,ORCA,ハード

2009年08月16日

ラベルプリンタを使ったお薬手帳


何とかできつつあります。もう少し動作確認して公開します。

フォントは、明朝だと細くて見えにくいのでゴシックにしました。

東風フォントは、格好が良くないのでQL-1050のCD-ROMに付いていた「美杉ゴシックM」を使っています。

ラベルの長さは、印刷行数を判断し2cm刻みでカットされます。
 長さ 4.7~14.7cm、19.4~29.4cmの2cm(5行)刻み、12通り

ラベルプリンタ名
 Brother製 QL-1050 + PS-9000でネットワークプリンタとして使っています。

ドライバ
 http://solutions.brother.co.jp/support/os/linux/pt/pt_driver.html
 動作確認環境はSargeとなっていますが、Etchでちゃんと動きます。

QL-1050の稼働実績
 ORCAから直接印刷する薬袋ラベルのプリンタとして、当社お客様で稼働中です。
 約3ヶ月が過ぎました。特にトラブル無く順調です。

以下忘れないように書いておく
http://solutions.brother.co.jp/support/os/linux/pt/pt_driver.html
動作確認環境はSargeとなっているが、Etchでちゃんと動く
QL-1050用、「LPR用ドライバ」「CUPS Wrapperドライバ」をダウンロード


「LPR用ドライバ」
tar zxvf qd1050l110lpr.tar.tar
cd deb/
sudo dpkg -i --force-all ql1050lpr-1.0.0-1.i386.deb


「CUPS Wrapperドライバ」
tar zxvf qd1050l110wrap.tar.tar
cd deb/
sudo dpkg -i --force-all ql1050cupswrapper-1.0.0-1.debian.i386.deb

こんなエラーが出るが気にしない
lpadmin: PPD ファイルをコピーできません!

プリンタの追加
QL-1050201~QL-1050212

PPDファイル /usr/share/cups/model/brql1050.ppd

ラベルカット長
sudo brpapertoollpr_ql1050 -P QL-1050201 -n format10247 -w 102 -h 47
sudo brpapertoollpr_ql1050 -P QL-1050202 -n format10267 -w 102 -h 67
sudo brpapertoollpr_ql1050 -P QL-1050203 -n format10287 -w 102 -h 87
sudo brpapertoollpr_ql1050 -P QL-1050204 -n format102107 -w 102 -h 107
sudo brpapertoollpr_ql1050 -P QL-1050205 -n format102127 -w 102 -h 127
sudo brpapertoollpr_ql1050 -P QL-1050206 -n format102147 -w 102 -h 147
sudo brpapertoollpr_ql1050 -P QL-1050207 -n format102194 -w 102 -h 194
sudo brpapertoollpr_ql1050 -P QL-1050208 -n format102214 -w 102 -h 214
sudo brpapertoollpr_ql1050 -P QL-1050209 -n format102234 -w 102 -h 234
sudo brpapertoollpr_ql1050 -P QL-1050210 -n format102254 -w 102 -h 254
sudo brpapertoollpr_ql1050 -P QL-1050211 -n format102274 -w 102 -h 274
sudo brpapertoollpr_ql1050 -P QL-1050212 -n format102294 -w 102 -h 294

ロール紙幅102mmと設定すると、ピクセル数で若干オーバーする。

sudo vi /usr/local/Brother/PTouch/ql1050/inf/paperinfql1050pt1
1167 → 1164 変更のこと

BrL0B6602F8CBDE/format10247: 1164 483
BrL0B660438FF9D/format10267: 1164 719
BrL0B66057832C6/format10287: 1164 955
BrL0C6606B866E5/format102107: 1164 1191
BrL0C6607F8998F/format102127: 1164 1426
BrL0C660938CE60/format102147: 1164 1662
BrL0C660C280125/format102194: 1164 2217
BrL0C660D6833F8/format102214: 1164 2452
BrL0C660EA86789/format102234: 1164 2688
BrL0C660FE89AD6/format102254: 1164 2924
BrL0C661128CDAD/format102274: 1164 3160
BrL0C6612680095/format102294: 1164 3396


フォント設定
QL-1050のCDにフォントが入っているので活用
\JPN\P-touch\JPFont\Fonts\BRMISMW0.TTF

sudo mkdir /usr/share/fonts/truetype/brother/
sudo cp BRMISMW0.TTF /usr/share/fonts/truetype/brother/
cd /etc/defoma/hints
sudo sh -c "defoma-hints truetype /usr/share/fonts/truetype/brother/BRMISMW0.TTF > brmismw0.hints"
MisugiGothic
MisugiGothic-Regular
Gothic

English Japanese
スペースを入れるとhが消えるが気にしない

sudo defoma-font -vt register-all brmismw0.hints

sudo vi /var/lib/defoma/gs.d/dirs/fonts/CIDFnmap
sudo vi /var/lib/defoma/gs.d/dirs/fonts/cidfmap

/GothicBBB-Medium /KochiGothic-Regular ;
  ↓
/GothicBBB-Medium /MisugiGothic-Regular ;

  
Posted by tsukasa at 20:48Comments(0)Linux,ORCA,ハード

2009年08月05日

特定健診とORCA

Linux版の日医特定健康診査システムを運営してみてわかったこと
Windows版からバックアップデータを直接移すことができる。LinuxからWindowsへもOK。
Linux版もオンラインアップデートできる。

困ったこと
 オンライン請求のしくみがSarge版しかない。
 Etchで無理に進めたら
  ブラウザはFireFoxであれば、ログインはできる。しかしファイル送付の寸前でシステム
  エラーになる。このエラーはOS違いのエラーであることをヘルプディスクから教えてもらう。
  鍵は、レセプト請求と同じ物でよい。

 暗号化ソフトもSarge版しかない。Etchでやるとどうなるかは確かめていない。

従ってSargeが実質使えない現在の所、Linux版で日医特定健康診査システムを使うのは
あまり意味がない。Etch版Ubintu版の特定健診オンラインソフトは作ってくれないんだろうなあ。



  
Posted by tsukasa at 08:33Comments(0)Linux,ORCA,ハード

2009年08月01日

カミナリ雲の分布状況

凄いカミナリ。瞬停が続く。UPSがピイピイ。UPSの入っているコンピュータは
大丈夫。ユーザ様からいろいろな電話が続く。しばらくしてこのカミナリは伏見
からは去った。しかし、伏見区から離れた医院様から今、停電になったんやけど。
しばらくして滋賀の医院様から、またしばらく経って奈良県の医院様から同様。。
ORCAのサポートをやっていると、カミナリ雲の分布状況が分かるよう。

  
Posted by tsukasa at 12:39Comments(1)Linux,ORCA,ハード