京つう

  日記/くらし/一般  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by 京つう運営事務局 at

2011年10月31日

わが社のCO2濃度

誰もいない8時までは400ppm近辺できわめて安定しているが
私一人が入るだけでこんなに増える。窓を開けて一気に清浄な
空気に。

  
Posted by tsukasa at 09:02Comments(0)趣味

2011年10月30日

二酸化炭素濃度の測定

フィガロ技研のセンサモジュールを入手して、二酸化炭素濃度を測定している。


清浄な空気は400ppm程度。人間の呼気には10000ppm以上含まれているので
しめきった部屋では、だんだん濃度が上がっていく。


17時頃窓を開けたので濃度が減り、又窓を締める。20時頃帰宅。人間がいなく
なると濃度は下がり、清浄な空気と同じになった。


このモジュールは1000ppmで警報を出す機能がある。手元でいじっていると直ぐに
警報が出る。私も二酸化炭素を出しているようだ。
ビルは、1000ppm以下になるように換気を行う必要がある。

  
Posted by tsukasa at 19:03Comments(0)趣味

2011年10月29日

デジタル照度センサ

照度の測定は難しい。
満月の明るさ 0.1lx
日の出前の明るくなりかけた頃 1~10lx
室内 500~1000lx
晴れの屋外 20000~100000lx
人間はこのすべての明るさの中で新聞の字を読むことができる。
瞳は、この対数的に変化する照度に順応する。
照度と電流が比例するだけの照度センサーでは、屋外の照度
測定に使うことはできない。いろいろ探してみると、デジタル照度
センサ0~65000lx対応と言うものを見つけた。ローム社の
BH1751FVIなど。インターフェースはI2C。AD変換のノイズ
からも解放される。早速使ってみたい。
  
Posted by tsukasa at 00:19Comments(0)趣味

2011年10月27日

雨量計の原理

雨量計の原理がわかった。何かがぶつかるなど、ガシャガシャ
やってしまうと、ますが傾いてしまい、雨が振ってきたことになる。
本日は雨は降っていないのに、6.7mm/hになってしまった。

転倒ます型雨量計の構造を見ていただくとよくわかる。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/kansoku_guide/b1.htm

  
Posted by tsukasa at 20:52Comments(0)趣味

2011年10月27日

この秋一番の冷え込み

本日の最低気温は8.2℃。この秋一番の冷え込みである。
そろそろ冬の布団が欲しい。
本日の日の出は6時12分。最低気温は日の出前になる。


日の出約30分前から明るくなりはじめる。

  
Posted by tsukasa at 08:09Comments(0)最近あったこと

2011年10月24日

スカイエスエイッチ環境測定システムVer2の構想

20X4の液晶ディスプレイ
以下の屋外と屋内の測定値をボタンにより切り替える。
屋外
 気圧 温度 湿度 照度 紫外線 雨量  風向 風速
屋内
 温度 湿度 照度 放射線 4Fの全消費電力量 CO2量

mbed + Board Orange 1台
屋外の測定値をpachubeから取得
放射線量の測定値をpachubeから取得
屋内の温度 湿度 照度の計測、pachubeへの投稿
4Fの全消費電力量の計測、pachubeへの投稿
屋内のCO2量の計測、pachubeへの投稿

以上、パーツは概ね手配済み。プログラムは部分的には完成。
  
Posted by tsukasa at 21:36Comments(0)趣味

2011年10月22日

秋は寒暖の差が激しい

本日の日の出前の気温は20℃もあるが、ここしばらくで一番寒いときは12.2℃であった。
これくらい寒暖の差があると、体調が悪くなることがある。

  
Posted by tsukasa at 05:02Comments(0)趣味

2011年10月17日

センサーだらけになりそう

温度、湿度、放射線量等の環境データをpachubeで公開している。
https://pachube.com/feeds?user=skysh
このシステムが、小さなマイコンモジュール「mbed」と、多くの
ライブラリがネットワーク上に用意されているC言語のプログラムで
できることを知り、大変はまっている。仕事をしなければ
ならないのだが、仕事中もそわそわするほど、はまっている。
釣りバカ日誌のスーさんの心境かもしれない。

環境データの考察
明るくなり始めるのは日の出30分前
本日の京都の日の出時刻は6時4分。その約30分前から明るく
なり始めている。Y軸の単位はルクス。


昨日の朝より3.5℃も低い。3.5℃の差はかなり寒く感じる。


当社の室内は、外気より10℃も高い。サーバの熱が原因。熱源の
無い3階の温度も測らなければ。
  
Posted by tsukasa at 06:29Comments(0)趣味

2011年10月12日

AD変換の驚き

mbedとフォトダイオードS9648-100で照度計を作ってみた。
値が安定しない。300~800lux位と値が安定しない。
フォトダイオードと直列に入れた抵抗の電圧をテスターで
計るとかなり安定している。朝は、AD変換の使っていない
端子を1kΩの抵抗でGNDに落としてやればそれなりに
安定していた。何もセンサーを繋いでいないAD変換の
他チャンネルがノイズを拾っており、そのクロストークであり
仕方ないなと思った。しかし夜になるとその対策を行っても
また安定しない。何でか?

サンプリングレートは32000Hzでも可能であることが
わかった。つまり蛍光灯のちらつきを計測していたのだ。
部屋を真っ暗にし、懐中電灯の明るさを計測すると
かなり安定していた。朝安定していたのは、太陽光の
明るさを測定していた。

電池の電圧測定は値が安定していて、フォトダイオードでは
何で安定しないのかが貫壁にわかった。
  
Posted by tsukasa at 20:52Comments(0)趣味

2011年10月09日

はじめてのmbedプログラム

AD変換を使って乾電池の電圧を測ってみた。
これくらいだとプログラムは10行以下で書ける。
これは面白い。はまりそうだ。




  
Posted by tsukasa at 22:25Comments(0)趣味

2011年10月06日

スカイエスエイッチ環境測定システム

ビルの屋上に設置しました。

風速、風向、雨量センサ


温度、湿度センサー


照度、紫外線センサー


気圧センサは収納箱の中にあります。

pachubeに測定結果を投稿しています。
https://pachube.com/feeds/36962
「セキュリティーで保護されたWebページコンテンツのみ表示しますか。」
には「いいえ」をクリックしてください。



仕様
mbed Weather Platform
 センサー
 温度・湿度 SHT15
 気圧 BMP085
 照度 S9648-100
 紫外線 G5842
 風速・風向・雨量 Weather Meters

ケース
 タカチ電機工業 PW15-4-11S

無線LAN
 PCI MZK-MF300N

ウオルボックス
 未来工業 WB-2J

  
Posted by tsukasa at 08:58Comments(0)趣味

2011年10月02日

【正常動作した】気象データの自動投稿

やっと固まる原因がわかった。液晶の表示と、LEDの表示を同時に
行おうとしていた。現在付いている表示デバイスのみの設定にすれば
固まるのは止まった。weather.cfg
元のブログラムからいじった。
1)月がマイナス1の値で表示されるので修正
2)紫外線測定値が1000倍する必要があった。多分nAを10^-6と
  してしまった感じ。10^-9に修正。G5842の並列の抵抗値を
  300kΩにしてみた
3)無線ブリッジを繋いだ。電源の抜き差しだけで今回の装置と、無線
  ブリッジを再起動させたい。起動時プログラム立ち上がるのを20秒間
  待つようにした。

具体的な内容は近々纏める。

PACHUBEで公開している。
https://pachube.com/feeds/36962

風速計等をビル屋上に近いうちに付ける。
  
Posted by tsukasa at 21:02Comments(0)勉強したこと