京つう

  日記/くらし/一般  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by 京つう運営事務局 at

2013年10月25日

2018年平昌オリンピック

大切な事なのでここに3枚貼っておきます。

  
Posted by tsukasa at 12:01Comments(0)国際情勢

2013年10月24日

韓国人慰安婦の歌

1週間で15万回再生。わかりやすい。yokoさん尊敬します。
  
Posted by tsukasa at 17:55Comments(0)国際情勢

2013年10月22日

日本が戦ってくれて感謝しています アジアが賞賛する日本とあの戦争

台湾人は戦後の日本人に怒っている。台湾を見放し5流国家民にしてしまったこと。それと自分の国を愛せない日本人が大勢いることに。台湾人は日本統治時代の日本人への恩を忘れない。インフラを作ってくれたこともそうだが、日本人が教えてくれた武士道、教育勅語、修身もだ。戦前の日本を知っている台湾人が元気なうちに、台湾が国家として独立することを強く希望します。

司馬遼太郎は、かつて日本人だった蔡昭昭さんから、「日本はなぜ台湾をお捨てになったのですか」と尋ねられ、答えに窮した。

神風特攻隊は300以上の連合国艦艇を撃破、撃沈した。

21世紀の今の時代に、日本人の知らないことが多すぎますな。史実でない歪められた歴史を教えられたことは、あまりにも馬鹿げ、国力を削いでいることである。井上和彦氏は、たかじんでつまらないギャグを言うキャラだが、この本を読んでいくつも涙が出そうになる箇所がありました。この本のカバーにもあります。「彼らの真実の言葉に涙が溢れるのはなぜだろう。インド、マレーシア、フィリピン、パラオ、台湾……」

日本が戦ってくれて感謝しています アジアが賞賛する日本とあの戦争 井上和彦 http://www.amazon.co.jp/dp/4819112295/ref=cm_sw_r_tw_dp_4nyzsb0V50E97
  
Posted by tsukasa at 05:14Comments(0)勉強したこと

2013年10月17日

在米日本人子供へのいじめが始まったいる

在米主婦へのインタービュー。日本人はレイピストだと言われるいじめが始まっている。おまえらの存在が気に入らないと言ったようないじめもある。いのいじめを抗議する場所が無い。銅像が建ってから口に出してのいじめが始まった。日本領事館はなにもしてくれない。
朝日新聞、河野洋平、村山富市がこんな日本にしたと思います。サンデーモーニングみたいな反日番組は、一日も早くなくってほしいです。
下のビデオは必見です。日本政府が韓国、中国、更には米国に遠慮して、本当のことを言わないことが、こんなに在米日本人を苦しめています。日本に住んでいる日本人がこの方々の足を引っ張ることは、恥ずかしいことだと思います。反日国家と反日日本人にNoの声を上げ、日本軍による慰安婦の強制連行とか性奴隷とか、原爆が戦争を止めたなどの嘘は止めろと堂々と言いましょう。日本政府が反日国家に堂々と反論できる様、世論を盛り上げていく必要があります。

  
Posted by tsukasa at 05:53Comments(0)国際情勢

2013年10月16日

【産経新聞一面記事】元慰安婦報告書、ずさん調査浮き彫り

元慰安婦報告書、ずさん調査浮き彫り 慰安所ない場所で「働いた」など証言曖昧 河野談話の根拠崩れる
本日の産経新聞1面記事。すばらしい。少しずつ変わってきた。この問題は、河野洋平、村山富市などの反日日本人の問題により、ここまで話がこじれた。



朝鮮戦争時に日本軍の慰安婦だったと証言する時空を超えたBBAがいるし。生年月日不明にしないと嘘がばれるわな。産経新聞の本当にいい記事だ。

  
Posted by tsukasa at 21:39Comments(0)国際情勢

2013年10月12日

日本が戦ってくれて感謝しています アジアが賞賛する日本とあの戦争

「日本が戦ってくれて感謝しています アジアが賞賛する日本とあの戦争」
読書中です。

史実を勉強し、未だに自虐史観を持っている人を減らして行けば日本は変わると思う。日本は、アジアで一番最初に近代国家を作り上げ、有色人種と白人が対等であるということを証明した、人類史に誇れる国家ある。

終戦後7年では、社会党でも以下の様に思っていたものが、時間が経てば経つほどマスコミや反日日本人のため歴史が歪められて行く。

日本社会党の古屋貞夫議員は昭和27年12月9日の衆議院本会議でこう述べている。

戦争が残虐であるということを前提として考えますときに、はたして敗戦国の人々に対してのみ戦争の犯罪責任を追及するということ、言いかえまするならば、戦勝国におきましても戦争に対する犯罪責任があるはずであります。しかるに、敗戦国のみ戦争犯罪の責任を追及するということは、正義の立場から考えましても、基本的人権尊重の立場から考えましても、公平な観点から考えましても、私は断じて承服できないところであります。

さらに、日本社会党の堤ツルヨ衆議院議員は、昭和28年7月9日、衆議院厚生委員会でこう述べている。

処刑されないで判決を受けて服役中の者の留守家族は、留守家族の対象になって保護されておるのに、早く殺されたがために、獄死をされたがために、国家の補償を留守家族が受けられない。しかもその英霊は靖国神社の中にさえ入れてもらえないというようなことを今日の遺族は非常に嘆いておられます。
  
Posted by tsukasa at 20:54Comments(0)勉強したこと