京つう

  日記/くらし/一般  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by 京つう運営事務局 at

2016年09月20日

Intel データセンタ用SSDのツール

ここからダウンロードできます。
https://downloadcenter.intel.com/download/26221/Intel-SSD-Data-Center-Tool?product=35125
RedHat用でUbuntu14.04にインストールできました。
sudo alien -i isdct-3.0.2.400-17.x86_64.rpm

SSDの情報表示
sudo isdct show -intelssd 0

- Intel SSD DC S3700 Series BTTV327602F8100FGN -

Bootloader : Property not found
DevicePath : /dev/sg0
DeviceStatus : Healthy
Firmware : 5DV12270
FirmwareUpdateAvailable : The selected Intel SSD contains current firmware as of this tool release.
Index : 0
ModelNumber : INTEL SSDSC2BA100G3
ProductFamily : Intel SSD DC S3700 Series
SerialNumber : BTTV327602F8100FGN

ファームウエアのアップデート
sudo isdct load -intelssd 0

SMARTの表示
sudo isdct show -smart -intelssd 0

その他コマンド
hasegawa@orca2:~$ isdct help
Usage: isdct [][][]

Commands:
Help:
help [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] [Name = (name)] [verb =
(verb)]
IntelSSD:
show [-help|-h] [-display|-d (Property1,...)] [-all|-a] [-output|-o
(text|nvmxml|json)] -intelssd [(Index|SerialNumber)]
EnduranceAnalyzer:
set [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -intelssd
(Index|SerialNumber) EnduranceAnalyzer = ('reset')
PhyConfig:
set [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -intelssd
(Index|SerialNumber) PhyConfig = (0|1|2|3)
PhysicalSectorSize:
set [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -intelssd
(Index|SerialNumber) PhysicalSectorSize = (512|4096)
PLITestTimeInterval:
set [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -intelssd
(Index|SerialNumber) PLITestTimeInterval = (0-6)
PowerGovernorMode:
set [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -intelssd
(Index|SerialNumber) PowerGovernorMode = (0|1|2)
ReadErrorRecoveryTime:
set [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -intelssd
(Index|SerialNumber) ReadErrorRecoveryTimer = (value)
PhySpeed:
set [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -intelssd
(Index|SerialNumber) PhySpeed = (1.5|3|6)
SSCEnabled:
set [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -intelssd
(Index|SerialNumber) SSCEnabled = ('true'|'false')
TemperatureLoggingInterval:
set [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -intelssd
(Index|SerialNumber) TemperatureLoggingInterval = (time)
TempThreshold:
set [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -intelssd
(Index|SerialNumber) TempThreshold = (value)
WriteErrorRecoveryTime:
set [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -intelssd
(Index|SerialNumber) WriteErrorRecoveryTimer = (value)
WriteCacheState:
set [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -intelssd
(Index|SerialNumber) WriteCacheState = (1|2|3)
MaximumLBA:
set [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -intelssd
(Index|SerialNumber) MaximumLBA = (numGB|1-100%|LBA|'native')
FirmwareUpdate:
load [-help|-h] [-force|-f] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -intelssd
(Index|SerialNumber)
SMART:
show [-help|-h] [-display|-d (Property1,...)] [-all|-a] [-output|-o
(text|nvmxml|json)] -smart [(id)] [-intelssd [(Index|SerialNumber)]]
Sensors:
show [-help|-h] [-display|-d (Property1,...)] [-all|-a] [-output|-o
(text|nvmxml|json)] -sensor [-intelssd [(Index|SerialNumber)]]
Performance:
show [-help|-h] [-display|-d (Property1,...)] [-all|-a] [-output|-o
(text|nvmxml|json)] -performance [-intelssd [(Index|SerialNumber)]]
NVMeLog:
show [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] [-intelssd
[(Index|SerialNumber)]] -nvmelog
[('ErrorInfo'|'SmartHealthInfo'|'FirmwareSlotInfo'|'TemperatureStatistics'|'
ueueMetrics')]
Delete:
delete [-help|-h] [-force|-f] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -intelssd
(Index|SerialNumber)
SMBusAddress:
set [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -intelssd
(Index|SerialNumber) SMBusAddress = (address)
LatencyTrackingEnabled:
set [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -intelssd
(Index|SerialNumber) LatencyTrackingEnabled = (true|false)
DIPM:
set [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -intelssd
(Index|SerialNumber) DIPMEnabled = ('true' | 'false')
WriteCache:
set [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -intelssd
(Index|SerialNumber) WriteCacheEnabled = ('true' | 'false')
WriteCacheReorderingState:
set [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -intelssd
(Index|SerialNumber) WriteCacheReorderingStateEnabled = ('true'|'false')
CreateNamespace:
create [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -namespace -intelssd
(Index|SerialNumber) Size = (blocks) [LBAFormat = (0-NumLBAFormats)]
[ProtectionInformation = (0|1)] [MultiPathIoCapabilities = (0|1)]
DeleteNamespace:
delete [-help|-h] [-force|-f] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -namespace
(namespace id) -intelssd (Index|SerialNumber)
AttachNamespace:
attach [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -namespace (namespace id)
-intelssd (Index|SerialNumber) [-nvmecontroller (controller ID integer)]
DetachNamespace:
detach [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -namespace (namespace id)
-intelssd (Index|SerialNumber) [-nvmecontroller (controller ID integer)]
IdentifyDevice:
show [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -identify [-namespace
(integer | 'attached' | 'allocated')] [-nvmecontroller] [-intelssd
[(Index|SerialNumber)]]
NVMeFormat:
start [-help|-h] [-force|-f] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -intelssd
(Index|SerialNumber) -nvmeformat [-namespace (namespace id)] [LBAFormat =
(0-NumLBAFormats)] [SecureEraseSetting = (0|1|2)] [ProtectionInformation =
(0|1)] [MetadataSettings = (0|1)]
LatencyStatistics:
show [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -latencystatistics
('reads'|'writes') [-intelssd [(Index|SerialNumber)]]
HDATemperature:
show [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -hdatemperature [-intelssd
[(Index|SerialNumber)]]
Nlog:
dump [-help|-h] [-destination (path)] [-output|-o (text|nvmxml|json)]
[-intelssd [(Index|SerialNumber)]] -nlog
AssertLog:
dump [-help|-h] [-destination (path)] [-output|-o (text|nvmxml|json)]
[-intelssd [(Index|SerialNumber)]] -assertlog
EventLog:
dump [-help|-h] [-destination (path)] [-output|-o (text|nvmxml|json)]
[-intelssd [(Index|SerialNumber)]] -eventlog
SATAGeneralPurposeLog:
dump [-help|-h] [-destination (path)] [-output|-o (text|nvmxml|json)]
[-intelssd [(Index|SerialNumber)]] -gpl (log address) [PageNum = [(page
#)]] [SectorCount = [(sectors)]]
PhyCounters:
show [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -phycounters [-intelssd
[(Index|SerialNumber)]]
DriveSelfTest:
start [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -intelssd
(Index|SerialNumber) -selftest [('short'|'extended'|'conveyance')]
Standby:
start [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -intelssd
(Index|SerialNumber) -standby
NVMeControllerList:
show [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] [-namespace (namespace id)]
-nvmecontroller [-intelssd [(Index|SerialNumber)]]
EnableLog:
set [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -system EnableLog =
('true'|'false')
EnableLSIAdapter:
set [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -system EnableLSIAdapter =
('true'|'false')
LogFile:
set [-help|-h] [-output|-o (text|nvmxml|json)] -system LogFile = (file name)
System:
show [-help|-h] [-display|-d (Property1,...)] [-all|-a] [-output|-o
(text|nvmxml|json)] -system
Version:
version [-all|-a] [-display|-d (Property1,...)] [-help|-h] [-output|-o
(text|nvmxml|json)]
  
Posted by tsukasa at 20:17Comments(0)Linux,ORCA,ハード

2016年09月20日

M.2規格のSSDにUbuntu14.04をインストール

M.2規格のSSDが届いたので、Ubuntuをインストールしてみた。
M.2規格SSD:
 PLEXTOR PX-256M8PeG-08

カタログ規格:
 読込速度:2000 MB/s、書込速度:900 MB/s
アダプタ:
 玄人志向 M.2-PCIe (M2スロット増設 PCIe×4)使用
パソコン:
 エプソンダイレクト MR4600E
 Core i7 3.4GHz、インテル H170 チップセット
 BIOSレベルで、M.2規格SSDを認識する。

インストーラ:
 Ubuntu14.04-5 kernelはすでに4.4になっていますね。 

インストール時にもM.2規格SSDを認識する。


再起動時にはBIOSのBoot Deviceを「UEFI Hard Disk:ubuntu」に変更する必要がある。


読み込みテスト
root@orca1:~# hdparm -t /dev/nvme0n1p2
/dev/nvme0n1p2:
Timing buffered disk reads: 4220 MB in 3.00 seconds = 1406.38 MB/sec

速い。カタログ規格までいかないが、1400MB/sec。

書込テスト
root@orca1:~# time dd if=/dev/zero of=/home/hasegawa/hdparm_write.tmp ibs=1M obs=1M count=1024
1024+0 レコード入力
1024+0 レコード出力
1073741824 バイト (1.1 GB) コピーされました、 1.32217 秒、 812 MB/秒
速い。これはほぼカタログ通りの800MB/sec。
  
Posted by tsukasa at 20:07Comments(0)Linux,ORCA,ハード

2015年11月21日

テラステーションのHDDを2個とも交換する

2個ともHDDが壊れたNAS(バッファロー TS3200D)の修理ができた。


・TFTPサーバ(TFtpdをインストールしたWindowsパソコン)を用意する。設定は上の画像のようにする。


・このサーバのIPアドレスは192.168.11.1
・バッファローのサイトからファームウエアをダウンロードし、自己解凍後のinitrd.baffaloとImage.buffaloをTFTPサーバに置く。
・192.168.11.**をDHCPで割り当てられるように、ルータを設定設置する。
・NASの電源を入れる。
・itrd.baffaloとuImage.buffaloの転送が終わりしばらく経つと、液晶の表示がWellcome TerastationなどになりLANが有効になる。
・TSUpdater.ini -> NoFormatting = 0
・TSUpdater.exeを実行。ファームウエア更新プログラムで、ファームウエアの書込、HDDのフォーマットができるはず。


  
Posted by tsukasa at 09:07Comments(0)Linux,ORCA,ハード

2013年05月31日

SSDのベンチマーク Ubuntu SATA600 その3

CSSD-S6T128NHG5Q
書き込み速度は、実行することにかなりかわる。なぜだろう。
500MB/s前後が安定して出れば良いのだが。

1073741824 バイト (1.1 GB) コピー終了, 3.24774 s, 331 MB/s
1073741824 バイト (1.1 GB) コピー終了, 2.18898 s, 491 MB/s
1073741824 バイト (1.1 GB) コピー終了, 2.19268 s, 490 MB/s
1073741824 バイト (1.1 GB) コピー終了, 2.0043 s, 536 MB/s
1073741824 バイト (1.1 GB) コピー終了, 1.99734 s, 538 MB/s
1073741824 バイト (1.1 GB) コピー終了, 4.18368 s, 257 MB/s
1073741824 バイト (1.1 GB) コピー終了, 3.08418 s, 348 MB/s
1073741824 バイト (1.1 GB) コピー終了, 5.27306 s, 204 MB/s
1073741824 バイト (1.1 GB) コピー終了, 4.11281 s, 261 MB/s
1073741824 バイト (1.1 GB) コピー終了, 5.21583 s, 206 MB/s
  
Posted by tsukasa at 07:58Comments(0)Linux,ORCA,ハード

2013年05月23日

SSDのベンチマーク Ubuntu SATA600 その2

CSSD-S6T128NHG5Q
書き込みが速くない。何だろう。

読み込み
Timing buffered disk reads: 1268 MB in 3.00 seconds = 422.58 MB/sec
Timing buffered disk reads: 1236 MB in 3.00 seconds = 411.58 MB/sec
Timing buffered disk reads: 1242 MB in 3.00 seconds = 413.55 MB/sec
Timing buffered disk reads: 1242 MB in 3.00 seconds = 413.37 MB/sec
Timing buffered disk reads: 1242 MB in 3.00 seconds = 413.86 MB/sec
書き込み
1073741824 バイト (1.1 GB) コピー終了, 7.07261 s, 152 MB/s
1073741824 バイト (1.1 GB) コピー終了, 5.72052 s, 188 MB/s
1073741824 バイト (1.1 GB) コピー終了, 5.17727 s, 207 MB/s
1073741824 バイト (1.1 GB) コピー終了, 5.19906 s, 207 MB/s
1073741824 バイト (1.1 GB) コピー終了, 5.20288 s, 206 MB/s
  
Posted by tsukasa at 20:22Comments(0)Linux,ORCA,ハード

2013年04月20日

SSDのベンチマーク2

SSDのベンチマーク M4-CT128M4SSD2 編
少し前に発売されたSSD。
SATA2のパソコンで調査。

読み込み
Timing buffered disk reads: 652 MB in 3.00 seconds = 217.08 MB/sec
Timing buffered disk reads: 652 MB in 3.00 seconds = 217.30 MB/sec
Timing buffered disk reads: 652 MB in 3.00 seconds = 217.30 MB/sec

書き込み
1073741824 バイト (1.1 GB) コピー終了, 5.20862 s, 206 MB/s
1073741824 バイト (1.1 GB) コピー終了, 6.57722 s, 163 MB/s
1073741824 バイト (1.1 GB) コピー終了, 5.40686 s, 199 MB/s
1073741824 バイト (1.1 GB) コピー終了, 5.22823 s, 205 MB/s
1073741824 バイト (1.1 GB) コピー終了, 5.35492 s, 201 MB/s
  
Posted by tsukasa at 09:11Comments(0)Linux,ORCA,ハード

2013年03月28日

SSDのベンチマーク Ubuntu SATA600

SSD PLEXTOR M5 Pro

Intel(R) Core(TM) i7-3770 CPU @ 3.40GHz
SATA600にて

読み込み5回測定
Timing buffered disk reads: 1132 MB in 3.00 seconds = 376.88 MB/sec
Timing buffered disk reads: 1202 MB in 3.00 seconds = 400.12 MB/sec
Timing buffered disk reads: 1232 MB in 3.00 seconds = 410.58 MB/sec
Timing buffered disk reads: 1238 MB in 3.00 seconds = 412.14 MB/sec
Timing buffered disk reads: 1204 MB in 3.00 seconds = 400.91 MB/sec

書き込み5回測定
1073741824 バイト (1.1 GB) コピー終了, 2.99691 s, 358 MB/s
1073741824 バイト (1.1 GB) コピー終了, 3.20125 s, 335 MB/s
1073741824 バイト (1.1 GB) コピー終了, 3.19749 s, 336 MB/s
1073741824 バイト (1.1 GB) コピー終了, 3.19985 s, 336 MB/s
1073741824 バイト (1.1 GB) コピー終了, 3.18055 s, 338 MB/s

日レセ使用感もきわめて良い。DB肥大化の医院様はこれだな。

  
Posted by tsukasa at 11:41Comments(0)Linux,ORCA,ハード

2013年03月16日

SSDのベンチマーク Ubuntu

SSDのベンチマークをUbuntuで取ってみる。
SSD名 Intel 330 Serises 128GB
スペック 読込速度 500 MB/s, 書込速度 450 MB/s

まずは読み出し

root@orca1:~# hdparm -t /dev/sda1
/dev/sda1:
Timing buffered disk reads: 720 MB in 3.00 seconds = 239.81 MB/sec
速い。

書き込み
time dd if=/dev/zero of=/home/hasegawa/hdparm_write.tmp ibs=1M obs=1M count=1024
1024+0 レコード入力
1024+0 レコード出力
1073741824 バイト (1.1 GB) コピーされました、 3.458 秒、 311 MB/秒
real 0m3.913s
user 0m0.192s
sys 0m1.684s

めちゃくちゃ速い。

パソコンがSATA 300のため、ボトルネックになっている。
  
Posted by tsukasa at 18:03Comments(0)Linux,ORCA,ハード

2012年10月27日

Raspberry piが届いた。

Raspberry piが届いた。
最初、30MB/sのSDカード(これでもClass10)を使った。
かなり動作が重い。

SanDisk Extreme Pro 95MB/sを入手した。Raspberry piより高い。


メモリーは256MB。デフォルトでは64MBもビデオに使っているので、
16MBに変更。raspi-configで、その他も含んだコンフィグメニューが表示される。

日本語化してみた。


Swapは、起こらなくなった。全体の動作もそんなには重く無い。
10月15日以降の出荷は、512MBメモリー版だそうな。こちらが欲しい。
安いけど衝動買いは止めて、何に使えるか少し考えてみよう。
512MB版だったら日レセも動くだろう。
  
Posted by tsukasa at 08:28Comments(0)Linux,ORCA,ハード

2012年09月29日

ORCAレセコンをUbuntu12.04にしてみた

Ubuntu10.04にログインすると以下のメッセージ出るようになったので
アップグレードしてみた。
New release 'precise' available.
Run 'do-release-upgrade' to upgrade to it.
全行程は、1時間40分かかった

なんとUbuntu12.04で、何となく日レセがちゃんと動いている。
gdmであり、ディスクトップはそんなには変わっていない。
患者登録ができ、カルテ1号紙が印刷できた。
$ uname -a
Linux orca1 3.2.0-31-generic-pae #50-Ubuntu SMP Fri Sep 7 16:39:45 UTC 2012 i686 i686 i386 GNU/Linux
32ビット版である。


全角文字入力時にAnthyが自動的には立ち上がらない。何かの
設定が要りそうだ。

Ubuntu12.04は、64bit版にしないとだめなので、この方法は使えない。
しかし、こんなセンスでOSのバージョンアップができれば良いなあ。

【注意】
このアップグレードは技術的興味でやっているだけであり、決して実稼働機で
行わないでください。


以下アップグレード中に表示されるメッセージ。
全部SSHで可能であった。


-----------------
キャッシュを読み込み中

パッケージマネージャーをチェック中です

SSH経由で実行していますが、続けますか?


このセッションはSSH上で実行されているようです。アップグレードをSSH越しに行うことは推奨されません。アップグレードに失敗した時の復元が困難になるからです。

続行する場合、追加のSSHデーモンをポート '1022'
で起動します。
本当に作業を進めてよろしいですか?

続行する[yN]

予備のsshdを開始します


障害が起こったときに復旧しやすくするため、ポート
'1022' でもう一つの sshd
を開始します。現在実行中のsshにおかしなことが起きても、もう一方のポートに接続す ることができます。

ファイアウォールを実行している場合、このポートを一時的に開く必要があります。この操作は、潜在的な危険があるため自動的には行われません。以下の例のようにしてポートを開けます:
'iptables -I INPUT -p tcp --dport 1022 -j ACCEPT'

続けるには [ENTER] キーを押してください
9:02
リポジトリ情報のアップデート
WARNING: Failed to read mirror file


サードパーティが提供するリポジトリを使わない設定にしました

sources.list
にあるサードパーティが提供するリポジトリを使わない設定にしました。アップグレード完了後、'ソフトウェアソース'
ツールもしくはパッケージマネージャーを使って再び利用可能な設定にすることができます。

続けるには [ENTER] キーを押してください
変更点を確認中
No candidate ver: libcob08
No candidate ver: libmusicbrainz4c2a

アップグレードを開始しますか?


2 個のインストール済みパッケージは Canonical
によってサポートされなくなりました。ただしコミュニティからのサポートは受けることができます。

65 個のパッケージが削除されます。 697
個の新規パッケージがインストールされます。 996
個のパッケージがアップグレードされます。

合計 812 M をダウンロードする必要があります。
このダウンロードは約 14 分 かかります。


アップグレードをインストールするのに数時間かかることがあります。ダウンロードが完了してしまうと、処理はキャンセルできません。

続行する[yN] 詳細 [d]

メジャーバージョン 8.4 はもはや使われません

│ PostgreSQL バージョン 8.4 は既に使われなくなっていますが、サーバおよびク
│ ライアント用パッケージがインストールされたままになっています。最新のパッ
│ ケージ (postgresql-9.1 と postgresql-client-9.1) をインストールして、現
│ 在の クラスタを pg_upgradecluster コマンドを使ってアップグレードしてく
│ ださい (詳細は man ページを参照)。

│ postgresql-9.1 のインストールでは自動的にデフォルトのクラスタ 9.1/main
│ が作成されることに注意してください。8.4/main クラスタをアップグレードし
│ たい場合は、既にある 9.1 クラスタを削除する必要があります
│ (pg_dropcluster --stop 9.1 main 、詳細は manpage を参照してください)。

│ 以前のサーバ・クライアントパッケージはもはやサポートされていません。現在
│ のクラスタをアップグレード後、postgresql-8.4 パッケージと │ postgresql-client-8.4 パッケージを削除する必要があります。 │ │ 詳細は /usr/share/doc/postgresql-common/README.Debian.gz を参照してくだ │ さい。 │ <了解>


│ 意の識別子が変更されたディスクにインストールされていました。インストール │ │ されている GRUB コアイメージが GRUB モジュールや grub.cfg と一致している │ │ のを確認するのは重要です。もう一度、GRUB が適切な起動デバイスに書き込ま │ │ れているか確かめてください。 │
│ │
│ BIOS でどのドライブが起動ドライブとして設定されているのか判らないのであ │
│ れば、すべてに GRUB をインストールするのが大抵の場合良い考えです。 │
│ ││ 注意: パーティションブートレコードに GRUB をインストールするのも可能です │
│ 。そして、ここでは適切なパーティションが表示されます。しかし、これによっ ││ て GRUB がブロックリストの仕組みを強制的に使うようになります。この仕組み │
│ は信頼性に欠けるため、お勧めはしません。 │
│ │
│ <了解>

┌───────┤ grub-pc を設定しています ├───────┐
│ GRUB をインストールするデバイス: │
│ │
│ [ ] /dev/sda (80026 MB; ST380815AS) │
│ [ ] - /dev/sda1 (5998 MB; /) │
│ │
│ │
│ <了解> │
│ │
└──────────────────────────────────────────┘

サポートが中止された(あるいはリポジトリに存在しない)パッケージを削除しますか?


209 個のパッケージが削除されます。

パッケージの削除に数時間かかることがあります。

続行する[yN] 詳細 [d]y
削除: linux-image-2.6.32-30-generic-pae libdns64 python2.6
linux-image-2.6.32-42-generic-pae linux-image-2.6.32-37-generic-pae
libisccc60 linux-image-2.6.32-29-generic-pae
linux-image-2.6.32-34-generic-pae libffi5 liblwres60
linux-image-2.6.32-21-generic-pae linux-image-2.6.32-31-generic-pae
libxapian15 libpython2.6 libbind9-60
linux-image-2.6.32-38-generic-pae linux-image-2.6.32-32-generic-pae
linux-image-2.6.32-27-generic-pae libmpfr1ldbl
linux-image-2.6.32-40-generic-pae libisccfg60 ubuntu-serverguide
libisc60 linux-image-2.6.32-39-generic-pae
linux-image-2.6.32-33-generic-pae release-upgrader-python-apt
python2.6-minimal linux-image-2.6.32-41-generic-pae
linux-image-2.6.32-28-generic-pae

(自動インストールされた) libcamel1.2-14 gcc-4.1-base
libdbusmenu-glib1 libsilc-1.1-2 libgnome-media0 libbeagle1
libexchange-storage1.2-3 libdevkit-power-gobject1 libproxy0
gnome-themes-selected libnm-util1 libdecoration0
python-gtksourceview2 gtk2-engines-pixbuf libevview2 scrollkeeper
libindicate-gtk2 ttf-takao-pgothic libwebkit-1.0-2 libatk1-ruby1.8
python-gtkglext1 libpisock9 libavformat52 gnome-themes
libpostproc51 libgnome2-perl libeggdbus-1-0 libgtkhtml-editor0
libnotify1 python-telepathy libedata-cal1.2-6 swfdec-gnome libgadu3
seed liblzma1 libpango1.0-common cups-driver-gutenprint
libxxf86misc1 ttf-kochi-gothic libgweather1 libgnome-bluetooth7
dasher libboost-serialization1.46.1 libgnome-pilot2 libsexy2
libcdio-cdda0 libxcb-atom1 libido-0.1-0 python-gnomedesktop
compiz-plugins-default libopal3.6.6 compiz-plugins
libgtksourceview2.0-0 libdirectfb-1.2-0 libgssdp-1.0-2
gnome-media-common libcryptui0 ruby-gdk-pixbuf2 python-pyatspi
libgp11-0 python-webkit libgcr0 libdbusmenu-gtk1
libgnomeprint2.2-data libgtksourceview2.0-common libhal1
libgnome2-vfs-perl dasher-data libegroupwise1.2-13 gok
gnome-doc-utils python-metacity libecal1.2-7 libgmime-2.4-2
linux-headers-2.6.32-43-generic-pae libgirepository1.0-0
libgdata1.2-1 libedataserver1.2-11 libhal-storage1
libimobiledevice0 libswfdec-0.8-0 ruby-glib2 libglib2-ruby1.8
libevdocument2 libgdata-google1.2-1 python-rsvg libspeechd2 apturl
libgs8 libebook1.2-9 libcairo-ruby1.8 libmagickcore2 libaudiofile0
libedataserverui1.2-8 libgnome-window-settings1
python-launchpad-integration libedata-book1.2-2 libgdata6 libxss1
libappindicator0 liblpint-bonobo0 ntfsprogs
libgtkhtml-editor-common libgdk-pixbuf2-ruby1.8 ruby-atk
python-bugbuddy libpt2.6.5 libcdio-paranoia0 ruby-pango
python-totem-plparser libmagickwand2 libgupnp-1.0-3
screen-resolution-extra libcheese-gtk18 dmz-cursor-theme
libavcodec52 liboobs-1-4 libgucharmap7 libart2-ruby1.8
libgtk2-ruby1.8 libsilcclient-1.1-3 libindicate4 libid3tag0
gconf-editor cpp-4.1 intel-gpu-tools libnice0 ruby-cairo
libebackend1.2-0 speech-dispatcher libgnome-desktop-2-17
python-xkit compiz-core libnautilus-extension1 libwebkit-1.0-common
libavahi-ui0 libgnomeprint2.2-0 min12xxw libgtkglext1 libestools1.2
libavahi-core6 xscreensaver-data freeglut3 libpango1-ruby1.8
libgnomeprintui2.2-0 libgupnp-igd-1.0-2 libgnome2-canvas-perl
libgtkhtml3.14-19 libgnomeprintui2.2-common python-rdflib
xpdf-common python-gtop libgnomecups1.0-1 libpisync1 libdotconf1.0
ruby-gtk2 libclutter-gtk-0.10-0 libgnomekbd4 libarchive1
libgtk-vnc-1.0-0 libntfs10 ijsgutenprint libswscale0 gs-esp
apturl-common libxcb-event1 libcdio10 linux-headers-2.6.32-43
pnm2ppa libgail-common python-opengl xscreensaver-gl xsltproc
libxcb-aux0 libxcb-render-util0 libpt2.6.5-plugins python-support
libicu42 libavutil49 libindicator0 を削除

システムのアップグレードが完了しました。

再起動が必要です

アップグレードを完了するには再起動が必要です。
'Y' を選択すると再起動します。

続行する[yN] y

こんなメッセージも出たがどこで出たか忘れた。
-------------
There are services installed on your system which need to be restarted when certain libraries, such as libpam, libc, and libssl, are upgraded. Since these restarts may cause interruptions of service for the system, you will normally be prompted on each upgrade for the list of services you wish to restart. You can choose this option to avoid being prompted; instead, all necessary restarts will be done for you automatically so you can avoid being asked questions on each library upgrade. Restart services during package upgrades without asking?
---------------
  
Posted by tsukasa at 11:28Comments(0)Linux,ORCA,ハード

2012年06月13日

メモリを増設しshared_buffersを増やす

データ肥大(ダンプ後2GB)のユーザのメモリを増設し、shared_buffersも増やしてみた。

MEMORY 1GB、shared_buffers 256MB
 →MEMORY 4GB、shared_buffers 1GB

ユーザ使用感
 多少は、軽くなったようだ。ただし3台目の端末でレセプト作業をやると
 以前と同様に重い。

半日使用したときのメモリ使用量(free)を見る
total used free
-/+ buffers/cache: 1201748 2402740
 4GBはいらない気がする。

shared_buffersと半日使用したときのblks_read & blks_hit
 256MB
 blks_read | blks_hit
 2419575 | 13985030
 
 1024MB
 blks_read | blks_hit
 8631082 | 87929283

 何でshared_buffersを増やすとDBへのアクセスが増えるのかが
 わからない。何かの間違いかもしれない。

shared_buffersとレセプト作成時間とblks_read & blks_hit
 28MB
 7分52秒
 blks_read | blks_hit
  918945 | 1866870

 256MB
 8分20秒
 blks_read | blks_hit
 920264 | 1930352

 1024MB
 8分48秒
 blks_read | blks_hit
 934069 | 2067679

 レセプト作成はshared_buffersが多いとかえって時間がかかる。

●とりあえずの結論
 メモリ2GBでpostgresql.confをいじり、shmmaxも増やそう

shared_buffers = 512MB
work_mem = 4MB
wal_buffers = 256kB
checkpoint_segments = 8
random_page_cost = 4.0
effective_cache_size = 512MB

echo 549240832 > /proc/sys/kernel/shmmax
vi /etc/sysctl.conf
kernel.shmmax = 549240832
  
Posted by tsukasa at 19:15Comments(0)Linux,ORCA,ハード

2012年05月20日

PostgreSQLのshared_buffers

blks_read はディスクから読まなければならなかったブロック数、blks_hit がキャッシュからの
リードで済んだブロック数。
デフォルトの28MBでは絶対だめだ。メモリは安くなったので実メモリ4GB、shared_buffersに1GB
取るのが良さげな感じ。効果を見るには、ユーザが1日実稼働したデータを取った方がよさそう。


shared_buffers診療行為4名入力入力未
blks_readblks_hitblks_readblks_hit
28MB10938091194616 
256MB95230513447778153611309377
512MB8719831458393 
1024MB8388231507155 

  
Posted by tsukasa at 16:46Comments(0)Linux,ORCA,ハード

2012年05月15日

SSD vs HDD

SSDは、メモリにキャッシュされていないテーブルの検索が速い。
その他も多少速くなるが、大きな効果は無い。
これは日レセの日頃の診療行為入力が軽いと言う事であり、大きなメリット。
しかし、これが速いだけなので何か工夫をすれば、SSDにしなくとも
早くなる方法はあるかも。
SSD  crucial CT128M4SSD2
HDD1 2.5インチ SATA300 7200rpm 250GB
HDD2 3.5インチ SATA600 7200rpm 250GB


 i7 3.40GHz SATA600i5 2.53GHz
HDD1SSDHDD2SSD
ダンプ1分4秒1分1秒1分55秒1分34秒
リストア4分15秒3分24秒7分7秒5分3秒
レセプト作成5分37秒5分8秒8分43秒8分22秒
プレビュー画面表示まで43秒43秒1分7秒1分5秒
全ページプレビュー表示完了2分59秒2分58秒4分8秒3分51秒
reboot後1ヶ月間の患者検索17秒3.5秒21秒4.5秒
reboot後1ヶ月間の患者検索(2回目)--4.5秒-
gzip -d15秒10秒27秒13秒
gzip29秒29秒48秒45秒

  
Posted by tsukasa at 19:28Comments(0)Linux,ORCA,ハード

2012年03月10日

2011年07月03日

ubuntu8.04→10.04へのアップグレード2


Ubuntuサーバのネットワークアップグレード(推奨)
1.まだインストールしていなければ、update-manager-coreをインストールします:
sudo apt-get install update-manager-core
2./etc/update-manager/release-upgradesを編集し、Prompt=ltsを設定します
3.アップグレードツールを起動します:
sudo do-release-upgrade --devel-release
◦Notes: LTS Upgradeに限り、-d/--devel-releaseオプションが必要です。
4.画面に表示される手順に従ってください。
https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/Install/UpgradeLucid

Lucidに変わるまで約1時間20分。

再起動Xが立ち上がらない。23ページ「Gnomeデスクトップ環境のインストール」から。
http://www.orca.med.or.jp/receipt/tec/lucid/doc/lucid_install_02.pdf

日レセも消して再度入れる。
sudo aptitude purge postgresql jma-receipt panda-client jma-receview-server

インプットメソッドをibusに切り替える。

hasegawa@orca1:~$ im-switch -c

There are 11 candidates which provide IM for /home/hasegawa/.xinput.d/ja_JP:

Selection Alternative
-----------------------------------------------
1 default
2 default-xim
3 ibus
* 4 kinput2-canna
5 lo-gtk
6 none
7 scim
8 scim-bridge
9 scim-immodule
10 th-gtk
11 th-xim
System wide default for ja_JP (or all_ALL) locale is marked with [+].
Press enter to keep the current selection[*], or type selection number: 3

後細かいところを設定すれば使えるのでは。全部SSH接続でも作業できるかも。
当社の33ユーザ様はこれで作業をするか。勇気がいる。
Hardyの時にDBのバックアップを忘れないでください。

  
Posted by tsukasa at 15:08Comments(0)Linux,ORCA,ハード

2011年06月24日

ubuntu10.04 e1000eでのトラブル

Ubuntu10.04 e1000e ユーザにてネットがつながらない。そのハードを持って帰れば、
ネットにつながる問題発生。

繋がらなかった時にはこんなログが残る。
Jun 24 14:39:13 orca1 kernel: [ 1.016384] e1000e: probe of 0000:00:19.0 failed with error -5

いろいろ調べてみると、行きついたホームページはこちら。
http://git.kernel.org/?p=linux/kernel/git/torvalds/linux-2.6.git;a=blobdiff;f=drivers/net/e1000e/ich8lan.c;h=6f9cb0d44d3a71c2664cefd8eeaee712603f525d;hp=fc8c3cef05268f93d7d58f7c3a7b00b029c43b11;hb=5f3eed6fe0e36e4b56c8dd9160241a868ee0de2a;hpb=87fb7410cd8d4396dee0155526568645adba3b99
ich8lan.cにパッチをあてるとなっている。

intelのホームページを見るとかなり新しいドライバーがダウンロードできる。
e1000e-1.3.17.tar.gz 2011/06/06
この中のich8lan.cを見ると同様のパッチがあたっている。

Intel PRO/1000 Linux driver
Copyright(c) 1999 - 2011 Intel Corporation.
新しいソースの様だ。

2.6.32-32-generic-paeでのソースを見る。
パッチ前のソースより多分古いぞ。
Intel PRO/1000 Linux driver
Copyright(c) 1999 - 2008 Intel Corporation.


このドライバーをインストールしてみた。これで本当に直るのかなあ。
たまにおかしくなる不具合は困る。
とりあえず、電源入れ直しを5回やってみたが、大丈夫なようだ。  
Posted by tsukasa at 20:49Comments(0)Linux,ORCA,ハード

2011年06月22日

お薬手帳シール

90mm幅テープ対応、Ver4.6対応ができた。その他の帳票のVer4.6対応も進行中。もう少し動作確認を行い公開する
  
Posted by tsukasa at 20:52Comments(0)Linux,ORCA,ハード

2011年06月21日

AccessのODBC64ビットドライバーは無し

ODBCデータソースアドミニストレーターは以下を使う必要がある。

C:\Windows\SysWOW64\odbcad32.exe
  
Posted by tsukasa at 19:44Comments(0)Linux,ORCA,ハード

2011年06月14日

電子レセプト 1日の情報~31日の情報

24年4月診療分から、診療行為、医薬品、特定器材の全レコードに、1日の情報~31日の情報を入れることが義務化されます。これは、何日に何回分の投薬、診療、特定器材の使用を行ったかの情報です。例えば、ガスター3錠を6月14日に14日分投与した様な情報であり、すべて電子レセプトに入れることが義務化されます。

レセプト電算処理システム電子レセプトの作成手引き
社会保険診療報酬支払基金

(14)~(44) 1日の情報~31日の情報
ア 回数を記録します
イ 回数を記録しない場合、記録を省略します。
※ 平成24年3月診療分までの間、記録を省略します。ただし、
診療報酬明細書の記載要領の各規定により摘要欄又はその他欄に
算定日を記載することとされている項目については、コメント
(CO)レコードに記録します。

  
Posted by tsukasa at 18:13Comments(0)Linux,ORCA,ハード

2011年06月04日

World IPv6 Day

IPv6のことをそろそろ考えないとだめ?
ずいぶん前にKAMEプロジェクトの亀が泳いでいるの見て感動したり、
LAN内でIPv6のIPアドレスでping(ping6か)が打てて、簡単な
ことではないかと思った。インターネット全部でこれをやろうと
思うとエライことだなあ。
  
Posted by tsukasa at 08:31Comments(0)Linux,ORCA,ハード